育毛剤の副作用EDや心臓に影響が出るか【安全に育毛】

 

育毛剤に副作用ってあるの?

EDになるとか、心臓がバクバクしたり、

うつ病になるとか聞いたけど、

大丈夫なの?

副作用が出るのは嫌だ!

 

こんな悩みを解消する為の記事です。

 

記事内容

・育毛剤の副作用EDや心臓に影響が出るか【安全に育毛】

 

 

ハゲモヒ
ハゲモヒ

この記事を書いている私は、

34歳でハゲ始め、前髪が一時スカスカになりましたが、

諦めず試行錯誤を繰り返し、

今では殆ど気にならない程に改善しました。

そんな経験を元に、この記事を書いています。

 

スポンサーリンク

育毛剤の副作用EDや心臓に影響が出るか【安全に育毛】

結論から言うと、

育毛剤ではEDや心臓がバクバクするなどの副作用は出ません。

ご安心下さい。

 

これらの副作用は、

AGAの治療薬として使われる、

ミノキシジルタブレットや、

プロペシアザガーロ などの副作用です。

 

育毛剤と言えば、

チャップアップ やイクオス、ポリピュアEXが有名ですが、

これら育毛剤には上記の成分は入っていません。

 

なので、薄毛治療でよく聞く様な副作用は、

特に心配する必要はありません。

 

売れている育毛剤

チャップアップ

日本で1番売れた育毛剤、100%無添加

イクオス

育毛成分が61種類!独自成分アルガス2が配合

ポリピュアEX

7年連続モンドセレクション金賞受賞、累計400万本突破

育毛剤と発毛剤の違い

薄毛を改善する事を目的に作られた商品に、

育毛剤と発毛剤があります。

 

育毛剤は今ある髪の毛を太く抜けにくく育て、

薄毛を改善する目的で作られた商品です。

 

発毛剤は、髪の毛が生えていない所に、

髪の毛を生やす目的で作られた商品です。

 

有る物を育てるのか、

 

無くなった物を復活させるかの違いです。

 

発毛剤には発毛の効果が唯一認められている成分、

ミノキシジルが含まれています。

 

このミノキシジルが含まれていない商品には、

発毛の効果は認められていません。

 

ミノキシジルには飲むタイプのミノキシジルタブレットと、

塗るタイプの物があります。

 

ミノキシジルが含まれた製品は、

医薬品であり、含まれていないその他の育毛剤は、

医薬部外品となります。

国内で販売されている発毛剤(医薬品)

【第1類医薬品】リアップX5プラスローション 60mL

 

【第1類医薬品】スカルプD メディカルミノキ5 60mL

 

【第1類医薬品】リグロEX5 壮年性脱毛症における発毛剤 60mL

ミノキシジルの副作用

先ほども言いましたが、

ミノキシジルには飲むタイプと塗るタイプがあります。

 

日本で販売されているのは塗るタイプだけです。

 

ミノキシジルは血圧を下げる薬として開発されました。

血管を広げ血圧を下げる働きがあります。

 

塗るタイプのミノキシジルは、

飲むタイプと比べて副作用は低いと言われていますが、

副作用はゼロではありません。

 

以下の様な副作用が報告されています。

 

かぶれ、頭皮の発疹、

頭痛、吐き気、めまい、

心拍が早くなる、胸の痛み、体重増加

などです。

 

もし、使用して、これらの症状が出た場合は、

すぐに使用を止めましょう。

EDや性欲減退はAGA治療薬の副作用

AGA治療では、ミノキシジルタブレットや、

ザガーロ、プレペシアなどが使われています。

 

ミノキシジルは先ほど紹介した様に、

発毛の効果があります。

 

直接体の中に入れる飲むタイプの方が、

副作用が出るリスクは高まります。

 

飲むタイプは上記で挙げた副作用以外にも、

多毛症や心臓に重篤な副作用が出る場合もあります。

 

そして、

ザガーロやプロペシアもAGA治療では有名な薬です。

 

この2つは、男性ホルモンによる、

抜け毛を予防する効果があります。

 

この2つが抜け毛を止めて、

ミノキシジルで毛を生やすという仕組みです。

 

しかし、このザガーロとプロペシア にも副作用があります。

 

性欲の減退、勃起不全、

うつの症状、早漏、胃腸障害などがあります。

 

この様な症状が出るリスクがある為、

AGA治療で使われる薬は薬局で買う事が出来ません。

 

この様な薬で薄毛を治療したい場合は、

AGAクリニックなどで医師の診断を受けて、

処方して貰う必要があります。

 

塗るタイプのミノキシジルは、

そこまでリスクが高く無いので、薬局で買う事が出来ます。

育毛剤は副作用を心配するレベルではない

AGA治療で使われているミノキシジルが入っている発毛剤であっても、

健康な人であれば、

余り副作用を心配する程のものではありません。

 

※但し低血圧の人や何か体に疾患がある人は、

医師と相談してから使う事をお勧めします。

 

これが、医薬部外品の育毛剤となれば、

更にリスクは低くなります。

 

育毛剤で副作用があるとしたら、

肌に合わない為に赤みが出たり、

かぶれたりする程度だと言われています。

 

AGA治療薬で出る様な副作用は出ません。

育毛剤と発毛剤どちらを使えばいいのか?

育毛剤は髪の毛を育てる物です。

 

頭が禿げ上がってしまった場合は、

まず髪の毛を生やす作業が必要なので、

その場合は発毛剤が有効です。

 

抜け毛が気になる、

髪のボリュームが減った。

 

髪の毛が細くなった、

コシやツヤが無くなったという人には、

育毛剤が合っています。

 

自分に合った薄毛ケアをしましょう。

 

売れている育毛剤

チャップアップ

日本で1番売れた育毛剤、100%無添加

イクオス

育毛成分が61種類!独自成分アルガス2が配合

ポリピュアEX

7年連続モンドセレクション金賞受賞、累計400万本突破

 

人気記事:オンライン診療で薄毛治療ができるAGAクリニック