自毛植毛とは費用はどの位かかるのか【安いのは海外?】

 

自毛植毛って何なの?

費用はどの位かかるの?

海外で植毛すれば安いの?

そんな疑問を解消する為の記事です。

 

記事内容

自毛植毛とは費用はどの位かかるのか【安いのは海外?】

 

 

ハゲモヒ
ハゲモヒ

この記事を書いてる私は、

36でハゲ始め、

ありとあらゆる薄毛対策を研究しました。

自毛植毛に関しても、かなり調べました。

そんな経験を元に、この記事を書いています。

 

スポンサーリンク

自毛植毛とは費用はどの位かかるのか【安いのは海外?】

自毛植毛とは、

自分の髪の毛を植毛する手法の事です。


AGAの影響を受けにくい後頭部から、

髪の毛の毛根や皮膚を取り、

薄毛の部分に移植する。

 

昔は人口毛を植毛していましたが、

今は、自分の髪の毛を、ハゲてる部分に植えるのが主流です。

 

人口毛では、拒否反応の様な物が体に出る事もあるんですが、

自毛植毛の場合はその心配がありません。

 

自毛植毛は、メスを使って皮膚を切り取って、

移植する方法と(ストリップ法)、メスを使わず特殊なパンチで、

一株ずつ毛根と皮膚を取る(ダイレクト法)があります。

 

自毛植毛は、毛根が定着すれば、

勝手に髪の毛が生えて来るんで、

メンテナンスも必要ありません。

 

薄毛の悩みから、

一気に解放されるというメリットがあります。

自毛植毛のメリット

自毛植毛のメリットは何と言っても、

植毛が成功すれば、後は勝手に毛が生えて来るので、

今まで行っていた薄毛対策をする必要が無くなります。

 

高い育毛剤に毎月数千円〜数万円使う必要が無くなります。

 

また、髪の毛を気にする必要も無くなります。

 

薄毛を隠す為に、毎朝苦労して髪の毛を整えたり。

 

雨の日、髪の毛が濡れて、

ハゲがバレる事を心配する必要が無くなります。

 

要するに、今まで薄毛に対して使っていた、

お金や労力が全く必要無くなるという事です。

自毛植毛のデメリット

自毛植毛のデメリットは色々あります。

順番に解説します。

デメリット1 手術を受けないといけない

植毛して貰う為に、

クリニックまで行かなければいけません。

 

家の近くにあるならいいのですが、

大抵は大きな都市の中心部に有ります。

 

地方に住んでいる人は、

初診のカウンセリングだけでも、

行って帰ってきたら、丸一日かかる事でしょう。

 

また、この後出てきますが、

安さを求めて海外で植毛する人もいます。

 

海外の方が安く出来るからです。

 

植毛は時には、

海外にまで行く場合もあるのです。

デメリット2 痛みもあるし、傷跡が残る

自毛植毛はAGAの影響を受けにくい、

後頭部などから毛根と、その周りの皮膚組織を切り取ります。

麻酔が切れると痛みを感じます。

 

また、当然取られた箇所は、

少なからず傷跡が残ります。

 

後頭部の髪の毛がフサフサで、

伸ばしている状態であれば、

傷跡は目立ちませんが、

 

後頭部を刈り上る様な短髪の髪型をすれば、

傷跡がうっすら見えてしまうのです。

デメリット3  高いお金がかかる

自毛植毛は決して安い金額で受ける事が出来ません。

 

植毛する範囲にもよりますが、

100万円はかかると思っておいた方がいいでしょう。

 

高額な育毛剤やAGA治療に通い続ければ、

確かにお金がかかりますが、

一度に100万円以上支払う可能性があるのは、

植毛位ではないでしょうか。

 

その為、植毛は育毛剤やAGA治療をやっても、

効果が得られなかったという人の、

最後の砦の様なものなのです。

選ばれている自毛植毛のクリニック

自毛植毛の業界で高いシェアを誇っているのは、

アイランドタワークリニックです。

アイランドタワークリニックの植毛の特徴は、

メスを使わない「i-ダイレクト法」です。

 

移植する部分を、

メスで切り取る従来の植毛に対して、

 

i-ダイレクト法は、

特殊なパンチで毛根とその周りの皮膚を抜き取ります。

 

大きな一文字の傷が後頭部に残らないし、

痛みも少ないので人気です。

アイランドタワークリニックの植毛費用

では、アイランドタワークリニックで植毛した場合、

どの位の費用が必要なのかについて解説します。

 

基本治療費 20万

i-ダイレクト法 1グラフト1200円

刈らないダイレクト法 1グラフト2000円

 

これがアイランドタワークリニックの料金です。

 

i-ダイレクト法と刈らないダイレクト法の違いは、

後頭部から、移植する株を採取する時に、

短く刈り上げるか、刈り上げないかの違いです。

 

刈り上げない方が手間と技術が必要とされるので、

高くなっています。

 

刈り上げた場合でも、

ウィッグで後頭部を隠せば、

殆ど気付かれる事はありませんが、

 

どうしても気になる人は、

刈らないダイレクト法を選んでいます。

グラフトは株とも呼ばれる単位の事で、

毛根と、その周りの皮膚の事。

1グラフトに1本〜4本の髪の毛が生えていると言われています。

 

これを、たくさん採取して移植すればする程、

料金は高くなっていきます。

 

例えば、i-ダイレクト法で、

1000グラフト植毛したとすると、

120万円です。

 

何グラフト必要なのかは、

カウンセリングを受けて必要なグラフト数を出して貰います。

アイランドタワークリニックのトライアルプラン

アイランドタワークリニックのトライアルプランを利用すると、

基本治療費の20万円が無料になります。

 

また、初診のカウンセリングも費用がかからず、

交通費もかかりません。

 

気になっている方は、

無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

アイランドタワークリニック無料カウンセリングページ

植毛は海外が安いのか?

実は植毛を海外でする人もいます。

その理由は日本で植毛するよりも安く済むからです。

 

例えば、生え際のM字部分だけの植毛なら、

大した金額差にしかなりませんが、

 

かなりの広範囲の植毛をするのであれば、

物凄い金額差になるのです。

 

海外での植毛の経験者のブログを読んでいると、

旅費や滞在費含めて、80万円位で済んだと書かれています。

 

よく話題になっている国は韓国です。

韓国は美容大国なので、植毛の技術も進んでいる様です。

広範囲の植毛が必要だけど、

金額的にどうしても無理という人は一度、

海外の植毛も検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

自毛植毛についてでした。

自毛植毛は料金がかかりますが、

うまくいけば、髪の心配をしなくても、

よくなるのがいいですね。

 

育毛剤やAGA治療では効果を感じられなかった人は、

試してみる価値はありますね。