生え際を前進させる方法はプロペシアとミノタブが最適なのか

 

生え際が最近ヤバイ。

生え際を前進させる方法が知りたい。

ミノタブやプロペシアがいいの?

生え際を前進させるには、

他にどんな方法があるの?

 

この記事はそんな悩みを解消する為の内容です。

 

記事内容

生え際を前進させる方法はプロペシアとミノタブが最適なのか

 

 

ハゲモヒ
ハゲモヒ

この記事を書いている私は、

36歳でハゲ始め、生え際がスカスカになりました。

その後試行錯誤して、

今では気にならない程に復活しました。

そんな経験を元に、この記事を書いています。

生え際を前進させる方法はプロペシアとミノタブが最適なのか

生え際が後退してしまった!

今まで毛が生えていた部分が薄くなり、

前髪がスカスカになります。

 

再び生え際を前進させたい!

 

そんな時によく聞くのが、

AGA治療でも使われている薬、

プロペシアやミノキシジルタブレットです。

 

AGA治療の情報が余りなかった時期には、

これらの薬は頭頂部にだけ効果があり、

 

生え際のいわゆるM字部分には効果が無いと、

ネット上などで言われていたが、

今では生え際にも効果がある事が分かっています。

プロペシア の効果

プロペシアは、

薄毛の原因となる男性ホルモンDHTを抑制する働きがあります。

 

AGA治療薬の中で最も有名な薬だと思います。

 

AGA治療の黎明期「プロペシアが凄い」と評判になり、

AGA治療に通う人や個人輸入で薬を手に入れる人が一気に増えました。

 

また、プロペシアよりも安い、

ジェネリック薬品のフィンペシアも有名です。

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルは高血圧の薬として使われていましたが、

発毛する事が発見され、

薄毛治療にも使われる様になりました。

 

ミノキシジルの働きは、血管を拡張する事にあります。

 

血管を拡張して、

毛根部分に栄養を送り届ける事ができる様になります。

 

血管が拡張して、血液の流れが良くなると、

髪の毛が生えて来る。

 

日本では、育毛剤がたくさん売られていますが、

殆どの育毛剤は血流を良くする物が狙いで作られています。

 

ミノキシジルは、その効果が薬の力で得られるのです。

 

その結果、生えて来なくなった場所に毛が生えて来る様になります。

 

ミノキシジルは、

日本で唯一発毛効果が認められた薬になのです。

プロペシアで効果が無かった人がザガーロを飲むと・・

AGA治療薬と言えば、プロペシアとミノタブでしたが、

最近知られる様になった薬としてザガーロがあります。


ザガーロはプロペシアと同じ、

AGAの原因となる、

男性ホルモンを抑制する効果がある薬ですが、

 

プロペシア以上の効果があると言われています。

 

ちょっと専門的な話になってきますが、

AGAになる原因の物質に5αリダクターゼという物があります。

 

この5αリダクターゼには1型と2型があるのですが、

プロペシアは2型にのみ効果がありますが、

1型には効果がありません。

 

それに対して、

ザガーロは1型と2型両方に効果があると言われています。

 

その為、プロペシアを飲んでも効果が無かった人が、

ザガーロを飲んで効果が出たという事が起こっています。

 

もし、以前AGA治療を行なったけど、

効果が無かったという人も、また時代は進化していますので、

再びチャレンジしてみてもいいと思います。

 

ザガーロを処方しているAGAクリニック

オンライン診療で薄毛治療ができるAGAクリニック

副作用に気を付けよう

先ほど紹介したプロペシア、ミノキシジルタブレット、ザガーロには、

副作用があります。

 

服用した全ての人に症状が出るという事はありませんが、

知識として入れておく必要があります。

 

よく知られている副作用としては、

ミノキシジルの多毛症やプロペシアの性欲減退、

勃起不全、うつ病があります。

 

 

また大前提として、プロペシア、ザガーロは未成年や、

女性は服用が認められていません。

 

女性の場合更に、

触れるだけでもダメだと言われています。

 

副作用については、こちらの記事で詳しく書いています。

AGA治療の副作用と確率【子供への影響や肝臓への影響】

生え際の前進には手遅れの場合があるから注意

プロペシアやミノタブを服用しても、

一向に生え際が前進しない人がいます。

 

AGA治療自体、効果が無い人。

 

それは髪の毛を作る細胞である、

毛母細胞が死滅している人です。

 

この毛母細胞が死滅していまうと、

いくら薬を飲んでも、栄養を与えても、

電気ショックを与えても髪の毛が生えて来ない。

 

死んでしまった物は生き返らないのです。

 

そんな場合は、

生え際の薄毛を諦めるしかないのかと言えば、

その答えはノーです。

 

まだ、植毛という方法が残っています。

自毛植毛で生え際に毛根を移植する

髪の毛が生える環境が無ければ、

いくらプロペシアを飲んでも、ミノタブを飲んでも、

生え際は前進しません。

 

生え際を前進させる最後の手段として、

植毛するという方法があります。

 

今植毛は人工毛を植毛する方法よりも、

自分の毛根を薄毛の部分に移植する、

 

自毛植毛が人気です。

 

AGAの影響を受けない後頭部にある毛根を、

薄毛になった生え際に移植します。

 

移植した毛根が定着すると、

そこから自然に髪の毛が生えてくるという仕組みです。

 

薬を飲み続ける必要が無く、

手術は一回のみ。

 

手術が終われば、

ひたすら生えて来るのを待つだけです。

 

AGAクリニックに通う手間や、

薬を飲む手間もありません。

メスを使わない植毛も登場

植毛の技術は進化しています。

植毛は通常、後頭部の皮膚をメスで切り取り、

生え際に移植します。

 

その為、後頭部に傷が残ったり、

メスで切るのが嫌という意見がありましたが、

 

メスを使わない植毛も登場しています。

 

毛根を特殊な技術でくり抜き、

その毛根を生え際に植えるという方法です。

「アイランドタワークリニック」自毛植毛専門クリニック

植毛は高額な費用がかかるが人気も高い

植毛は高額な費用がかかります。

植毛の費用は、程度にもよりますが、

70万円〜100万円の費用がかかると思っておいた方がいいです。

 

値段を聞くと、高いから止めようかと思ってしまいますが、

意外と植毛は人気なんです。

 

その理由は一回で終わるという事です。

 

AGA治療の場合は、

1回に支払う料金は、クリニックによって違いますが、

1万5千円〜1万7千円位です。

 

治療内容によっては、もっと高くなる場合があります。

 

また、AGA治療は止めれば元に戻る為、

治療をずっと続けないといけません。

 

そう考えると高いお金がかかっても、

一度で終わるのであればという事で、

植毛を選ぶ人がいる事に納得できます。

 

一回やれば、効果が持続するので、

生え際を気にする日々から一気に解放されます。

まとめ

生え際を前進させるにはというお話でした。

AGA治療薬を使って前進させるか、

それとも植毛するのか?

 

色々やって来て、余り効果が無かった人には、

一回で終わる植毛という選択肢も有りかもしれませんね。

 

自分に合った方法を選ぶのが正解だと思います。

早く生え際が前進する様に頑張りましょう。